みらい平クリニックの外観

ごあいさつ

皆様、こんにちは。
 長年にわたり神経内科を専門とし、神経難病や認知症の患者さんを診療してまいりましたが縁あって母校の近く茨城県つくばみらい市で開業しました。
 一般内科はもちろん、専門とする神経内科や老人内科の診療のほか、介護相談、健康相談など皆様の身近な家庭医としてお役に立っていきたいと考えております。訪問診療も行いますのでどうぞお気軽に声をかけてください。
 まずよく話を伺うことを大切に、皆様の信頼を得られるよう努力してまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。
院長写真小松﨑 八寿子
笑顔とこころでつながる認知症医療で取り上げられました。

このような症状が私の専門です

神経内科は、脳や脊髄、神経、筋肉に病気があり、体が不自由になる病気を扱います。
  • ものわすれ
  • 意識障害
  • 頭が痛い
  • しびれやめまい
  • うまく力がはいらない
  • 歩きにくい
  • ふらつく
  • つっぱる
  • ひきつけ
  • むせ
  • しゃべりにくい
  • ものが二重にみえる
  • かってに手足や体が動いてしまう
  • 筋肉に力が入らない
病名では次のようになります
  • 頭痛
  • 脳卒中
  • 認知症
  • てんかん
  • パーキンソン病
  • 脊髄小脳変性症
  • 他、神経難病

院長略歴

長野県長野市生まれ
1977年3月  長野県立長野高校卒業
1983年3月  筑波大学医学専門学群卒業
1989年3月  筑波大学付属病院レジデント専門医養成コース神経内科修了
1989年4月  初石病院神経内科医師
●日本内科学会認定医、日本神経学会専門医
●産業医
●解剖執刀医
<日本神経学会とは>